Top > ノンシリコンシャンプー > ジメチコンってなに?なんで悪いの?

ジメチコンってなに?なんで悪いの?

美容に興味のある人はシャンプーやヘアケア商品の配合成分にも注目をしているでしょう。そんな人はジメチコンについて覚えておくといいです。これはシリコンオイルの代表的な存在であって油に溶けない性質を持っています。それだけに保湿力が非常に高く、非光や熱といった要素に影響を受けにくいのが特徴です。シャンプーをした後でもベタつきを感じないので、多くのシャンプーやヘアケア商品に使われています。

トリートメントやコンディショナーにも使用されているので身近な存在といえるのです。その他はクリームや美容液、化粧水といった商品にも使われています。保湿力の高さやベタつきを感じないので一見すると良いものに見えますが、実は肌の代謝を妨げる可能性も高いのです。消泡をする効果を持つため肌に使用すればコーディング作用によって肌自体もコーディングされてしまいます。

人によっては肌荒れを起こしてしまう原因にもなるので、ジメチコン配合の化粧品やシャンプーを使ってあれてしまった場合は使用をやめておくといいでしょう。

ジメチコン自体は医療の現場だと胃薬として使用されている物であって、副作用は殆ど無いです。肌につける時に人により問題が生じるためパッチテストを行って確認しておくのが無難といえます。特に浸透させるものである化粧水や美容液は少し注意しておくと良いです。

市販されている商品の成分表を確認するとビニルジメチコンやデカメチルテトラシロキサン、メチルポリシロキサンと書かれている物があります。これらのものはジメチコンの別名なので商品を購入する前にチェックしておきましょう。安全に利用したいのであれば市販品よりも通販限定の商品がおすすめです。通販限定の商品は成分にこだわっている物が多く、天然の物を使用している商品がほとんどとなっています。

少し市販品よりも値段はしますが安全性を考慮すれば安い買い物といえます。定期購入を利用すればコスト削減できるので検討してみるといいでしょう。

ノンシリコンシャンプー

関連エントリー
ジメチコンってなに?なんで悪いの?